首がザラザラする人は要注意!首イボって結構できやすい


ふと、首に触れたらなんだかザラザラしている
そんな人は要注意。

首がザラザラしているのは、鳥肌がたっているからでもあなたがサメ肌だからでもありません。

もしかすると痒みも感じることがあるのでは?

首のザラザラやかゆみは、首イボの入り口といっても過言ではありません
今回は、首のザラザラする原因について掘り下げていきたいと思います。

首のスキンケアしてますか?

首のスキンケアって普段からしていますか?
私は全くと言っていいほど、したことがありませんでした。

そして35歳を過ぎたころ、ふいに触れた自分の首がザラザラしているのにびっくり!
そのまま時が過ぎゆくにつれ、首には沢山のブツブツ、おそらく首イボができてしまったのです。

首イボビフォーアフター
これが実際のビフォーアフター写真。
自宅でのケアでここまで綺麗な首を取り戻すことができました

顔のスキンケアって、みんなしていると思います。
化粧水にクリーム、美容液・・・パック・・・

でも、同じ皮一枚でつながっているのにもかかわらず、首のケアはおろそかになりがちです。
私の経験を踏まえ、ザラザラケアのポイントをまとめていきます。

首がザラザラしていく理由

角質

年齢とともに、肌のターンオーバーはゆるやかになっていくものです。
もちろんこれは、首の皮膚にも同じことがいえます。

ターンオーバー

首のザラザラの原因で多くみられるのは角質粒。
いわゆる古い角質がうまく剥がれ落ちずに固まっている状態です。

スキンタッグ

首のザラザラは、一般的に首イボといわれる「スキンタッグ」である可能性がとっても高いです。

本来、首イボは中年を過ぎてからできる人が多かったのですが、最近ではアクセサリーによる摩擦や生活習慣の影響からか、若い世代でも出来てしまう人が増えています。

シルキースワン 効かない

このスキンタッグ自体は、痒みを生じることはほとんどありませんが、色が本来の肌色よりも濃くなるため、どうしても目立ってしまいます。

アクロコルドン

また、ザラザラと同時に首に痒みを感じているという場合は、「アクロコルドン」である可能性大。

このアクロコルドンはスキンタッグとほぼ同じ症状なのですが、肌が乾燥している人にできやすいと考えられており、実際にできている人も多いと言われています。

私のザラザラと、首の痒みはどうやらアクロコルドンということが分かってきました。

アクロコルドン

ちなみに、これらの首イボは大きさ的にはとても小さく、いずれも数ミリ程度。
大きくなってくる場合には、速やかに医師の診察を受けるようにしておきましょう。

あせも

首は汗も溜まりやすい部位ですから、あせもができてしまうことも。
首がザラついてかゆいと思っていたらあせもだったというケースも少なくはありません。

とくに代謝のいい小さなお子様はあせもができやすいので、ケアするようにしておきましょう。

あせもは、汗腺自体が汗によってふさがってしまい、うまく汗を出せないようになることで起こります。

首イボができる原因とは

ザラザラの原因として多くみられる首イボができてしまうのはなぜなのか、その原因についても触れておきましょう。

紫外線によるダメージ

紫外線というとシミができる、というイメージが強いものですが、紫外線が原因で首イボができてしまうとも考えられています。

紫外線によるダメージを受けると、メラノサイトが活性化し、メラニン色素が作り出されます。

メラニンは、肌を守るために作られる自己防衛本能の産物ですが、肌が健康であれば肌のターンオーバーにより、排出されていくしくみになっています。

ところが、紫外線や外部刺激によってダメージを受けた肌は、正常なターンオーバーを行うこともできなくなってしまうため、古い角質をどんどん溜め込むようになってしまいます。

これがザラザラの原因である角質粒や首イボの原因の一つと考えられています。

ターンオーバーが上手くいかない

首にかぎらず、肌のトラブルの多くはターンオーバーが上手く行われないことで起こりがちです。

たとえばすり傷ができても、小さな子供はあっという間に治り、傷跡もきれいになりますよね。

しかし、年齢を重ねているとどうでしょう。

なかなか治らず、色素沈着してしまうことが増えていきます。
これは健康的な若い肌に比べ、加齢によってターンオーバーがスムーズに進まなくなっていることが原因です。

首イボはうつる?

ターンオーバーとは肌の生まれ変わりを指しているので、これが遅延すれば古い角質がどんどんたまりがちになり、排出すべくメラニンもなかなか速やかに出し切れなくなってしまうのです。

健康な肌を取り戻すために避けておきたいこと

正常なターンオーバーを促すには、顔のスキンケアと同じように、日々首もケアしていくことが重要です。

顔は日焼け止めやメイクによっても紫外線ケアしていることが多いと思いますが、首に関してはどうでしょうか?

ザラザラになってしまったという人の大半は、首のスキンケアには無頓着であったはず
毎日顔と一緒のスキンケアをするだけでも、首の状態はどんどん良くなっていきますよ。

また、健康な肌を取り戻し、正常なターンオーバーを促すには、避けておきたいことがあります。

・紫外線 ・乾燥肌 ・ストレス
・ホルモンバランスの乱れ ・生活習慣の乱れ
・食生活の乱れ ・お酒の飲みすぎ

などです。

これらはなるべく意識的に避けるよう、こころがけましょう。
もちろん、首のザラザラや首イボは加齢も大きな原因とされています。

しかしながら加齢はどうしても避けられないもの。
年を重ねていく肌は、しっかりとケアしていくことが必要なのです。

とにかくしておきたい2つの対策

紫外線対策

首にザラザラがある場合には、まず乾燥させない、紫外線ダメージを避ける、ということを意識していきましょう。

紫外線は直接あたらなくても、目から侵入した時点でメラニン色素が作られるといわれています。

そのため、紫外線の強い季節はサングラスは必須アイテム。
私は田舎育ちなので、サングラスなんてかけていると目立ってしまったものですが、紫外線ダメージを避けるためには重要!

大きなフレームのサングラスなら目の周りに直接紫外線があたることも防げるのでおすすめです。

そして、真っ黒な色のレンズよりも、若干薄茶色のほうが紫外線対策には効果的であるといわれています。

保湿対策

首もしっかりと保湿するようにしましょう。
保湿され、潤った肌はバリア機能も高まり、外部刺激にも強くなります

乾燥による外部刺激

つまり、摩擦や紫外線のダメージも受けにくくなる可能性があるということ。

ザラザラを気にして擦り洗いをすることは絶対に避けるようにしてください。
摩擦は更なる刺激となり、ザラザラの悪化、首イボを増やす原因となってしまいます。

入浴後は、顔と同じように保湿ケアを。
個人的なおすすめは、シートマスクで顔をケアしたら、余るシートマスクの美容液を首にまで塗るという方法。

最近のシートマスクは、たっぷりの美容液や化粧水が含まれていますから、首までしっかりとケアすることができますよ。

すでにできている首のザラザラをどうにかしたい

紫外線ダメージや外部刺激、そして加齢によってザラザラが起こりやすくなることはお伝えしてきました。

でも、すでにできてしまっているザラザラや首イボはどのようにケアしていけばいいのでしょうか?

ピーリング

古い角質がたっぷりと溜まってしまっているのなら、週1ペースでのピーリングもおすすめ。

古い角質をやさしく落とすことが目的なので、過度な力はいれないように注意が必要です。

古い角質ケアには重曹パックなども人気がありますが、実際におすすめなのはやはり専用に開発されたピーリング。

首のザラザラやポツポツに悩む人のために作られた製品がもっともおすすめです。

首イボケアクリーム

首のザラザラに悩む人はとっても多いので、もちろんザラザラケアに特化した製品も多く販売されています。

個人的にも使用していちばんおすすめなのは艶つや習慣
たっぷりの容量で思い切って使えるし、なにより日々のケアで各段に首がきれいになりました。

ザラザラに悩むと、治りそうにないとあきらめてしまう人も多いと思いますが、気長にケアすると結構綺麗になっていくものですよ。
私はかなりじっくり、こちらを使ってケアを続けました。

受診

あまりにもザラザラが酷く、首イボも沢山できてしまっているという場合には皮膚科や美容クリニックを受診するのもおすすめです。

イボである場合には、いまだ解明されていないことも多いので、自分で治そうといじったりするのは禁物です。

皮膚科

特に首イボは長いものができることもあるため、ハサミで切ったり、爪切りで切ってしまう、という投稿もネットでは目にしますが、危険すぎるのでやめましょう。

皮膚科や美容クリニックでは、主に炭酸ガスレーザーでの治療がメインになっているようです。

いずれも1回の通院で治療が終わることはほぼなく、何回か通うことが必要となります。

また、レーザー治療は保険適用外のため、どうしても治療費やかさんんでしまうのがネックです。

まとめ

首元のケアはどうしてもおろそかになりがちです。
しかしながら顔同様のスキンケアを必要していることを忘れないようにしましょう。

ザラザラだけの段階であれば、ちょっと意識してケアするだけでも変化を感じることができます。

保湿

すでに角質粒やイボが目立ってしまっている場合には専用のクリームを試してみるなど、自分の状況にあわせてケア方法を考えましょう

最後に、イボが大きくなったり色が変化するという場合にはすぐ受診することをお忘れなく。
大抵の首イボは良性であることがほとんどですが、自己判断には注意が必要です。

 

首元が綺麗になると、選ぶ洋服の幅も髪型も広がるもの。
きちんとケアして、綺麗な首元を維持すればまとめ髪で鎖骨を見せるのも素敵ですよね。

 

 


艶つや習慣)

艶つや習慣は「プラス」になってグレードアップ!
有効成分である「アンズエキス」、「ハトムギエキス」の配合量がが5倍になりました。

オールインワンゲルの98%が美容成分という高配合で、角質ケア、ポツポツケア、しっかりとした美肌効果で日々のスキンケアとしても使用が可能です。

大容量120gでコストパフォーマンスも
男性の髭剃り後のアフターケアにも大人気です。

また、お子様の全身の乾燥肌対策から、高齢者のカサつきケアまで幅広く活用できます。
継続してケアすることで、ポツポツ・ザラザラもなめらかに!
目元、首元、胸元、全身の気になる部分にしっかりアプローチできるオールインワンゲルです。

⇒ 詳細はこちら

シルキースワン)

ハトムギ種子エキスとヨクイニンエキスのダブルヨクイニンパワーの首、顔、デコルテなどにできるイボやポツポツ対策用の美容ジェルクリームです。

⇒ 詳細はこちら

SU-BE EX 首イボ・角質ポロリケア)

136種類の美容成分+独自の浸透技術で叶える首のイボ・角質専用ホットピーリングジェル。 おしゃれなパッケージで周りにもバレずにこそっと毎日簡単ケア♪

⇒ 詳細はこちら

ぽろぽろとれる杏ジェル)

97.7%自然原料を使用した やさしいジェルです。目元・口元・首まわりのポツポツだけでなく古い角質によるくすみやザラザラ肌、小鼻の黒い毛穴汚れ、かかとのガサガサなどにもOK。

⇒ 詳細はこちら

アンミオイル)

首元・目元にできるポツポツを取る商品として楽天・ヤフーでも№1商品!しかも低価格なのも嬉しいですね!お試し商品があるのもポイントです!

⇒ 詳細はこちら