ワセリンで首イボが取れる?


ワセリンといえば、肌の保湿に使用できるアイテムとして大人気ですが、首イボにも効果がありイボが取れるというのは本当でしょうか?
ワセリンといえば、小さな子供がいる私も常に言えに常備しているもののひとつ。
ワセリン一つで私の首のポツポツが消えるのなら、こんなうれしいことはありません。

本当にワセリンで首イボは取れるのでしょうか?

 

ワセリンは保湿効果というより、水分蒸発を防ぐ膜のようなもの

ワセリンを塗ると、肌がしっとりと保湿されたようになるけれど、実際には肌が潤っているのは肌の中にある水分を過度に蒸発させないように、ワセリンが膜のように肌を守っているからです。

保湿を目的とした他のクリームなどとは違い、あくまで肌本来の持つバリア機能を維持するのがワセリンの働き。
首イボは大抵、皮膚が老化して乾燥することや、摩擦などの刺激が原因で出来るものですから、ワセリンでしっかりと肌が保湿状態にされていれば、ターンオーバーも活性化して、首イボが治る、というのがワセリンが首イボにも効果があるという話になったポイントでしょう。

ワセリン(プロペト)

そして、使用するならワセリンだけを塗り込むのではなく、しっかりと保湿化粧水や美容液を塗った後に「」の役目として塗りましょう。
ワセリン自身は、「肌の水分蒸発を防ぐ」効果しか持ち合わせていないので、事前の保湿ケアは必要になってきます。

そして、気になるワセリンの原料は、いわゆる「原油」です。

非常に高い純度で原油を精製したものが「ワセリン」。
原油や石油由来と聞くと不安になる方も多いでしょう。

しかし、ワセリン自体の副作用はほとんど問題視されていません

ただし、ワセリンの純度が低かった時代にはワセリンを塗ったあと紫外線を浴びてしまうと「シミ」になる、といわれていましたが、最近の技術ではシミやくすみの原因になっていた成分がきれいに取り除けるため、心配はないようです。

 

ワセリンをどうしても使用するなら「プロペト」を

ひとくちにワセリンといっても、その純度には差があります。
一番おすすめなのは、「プロペト」。

一般的なワセリンに比べても不純物がほとんどないのが特徴です。
眼科などでも使用され、万が一目に入っても問題がない、といえるほと高純度のワセリンということになります。

ちなみにワセリンはそもそも「黄色ワセリン」が基本で、白色ワセリン→プロペト→サンホワイトの順でどんどん高純度になっています。
サンホワイト以外は保険適用内です。
純度によって、名称が変わるので覚えておくといいでしょう。

 

ワセリンで首イボ完治は難しい

結局のところ他の余分な成分などが含まれず、安心して使用できるワセリンではありますが、できてしまった首イボが綺麗に取れる・・・というのは難しいようです。

実際に、私も2カ月近くせっせと化粧水での保湿ケアの後にワセリンを塗り続けましたが、ほとんど首イボの変化は見られませんでした
ただ毎日ワセリンを塗ることで首の皮膚が全体にしっとりとしたという感覚は、大きく感じています。

kubi

ワセリンは、すでに出来てしまっている首イボへの効果は薄いものの、首イボが出来ないように予防するアイテムとしてとらえましょう。
たとえば、まだ首イボがないけれど、親兄弟にはあるから自分も心配・・・などという人はワセリンでの予防ケアを初めてみるのもいいと思います。

結果的に、ワセリンでの安易な首イボ除去は見事に失敗
やはり保湿とはいっても、イボに効果のある成分も配合されていないとイボ除去はできないようです。

艶つや習慣

オールインワンジェルだから、毎日のスキンケアとポツポツ角質ケアが一緒にできるのでめんどくさがり屋さんにもおすすめ!

⇒ 詳細はこちら

シルキースワン

ハトムギ種子エキスとヨクイニンエキスのダブルヨクイニンパワーの首、顔、デコルテなどにできるイボやポツポツ対策用の美容ジェルクリームです。

⇒ 詳細はこちら

杏ジェル

97.7%自然原料を使用した
やさしいジェルです。目元・口元・首まわりのポツポツだけでなく古い角質によるくすみやザラザラ肌、小鼻の黒い毛穴汚れ、かかとのガサガサなどにもOK。

⇒ 詳細はこちら

アンミオイル

首元・目元にできるポツポツを取る商品として楽天・ヤフーでも№1商品!しかも低価格なのも嬉しいですね!お試し商品があるのもポイントです!

⇒ 詳細はこちら