首イボが取りたい!自分で首イボを治す方法まとめ


首イボが取りたい!首イボが取りたい!首イボが取りたい!
私は毎日そればかり悩んでいました。

はじめて気が付いたのは30代半ばくらいだったでしょうか?
首イボがちらほらとできはじめてしまいました。

当時はあまり気にすることもなく数年間放置
結果的にちいさな首イボが数えきれないほどできてしまいました・・・
仕事も忙しく、数が多すぎて金銭的にもクリニックへ通うことのできなかった私の、「首イボを治すまで」をまとめます。

首イボを取るのに必要なこと

まずは、首イボがなぜできるのかを知りましょう。
簡単にいうと、お肌の老化・乾燥、ターンオーバーの乱れが原因であることがほとんどです。

イボにはウイルス性のものもありますが、大半の首イボに悩んでいる方のイボはアクロコルドンスキンダックと呼ばれるイボです。
アクロコルドンスキンダックは、線維性軟疣(せんいせいなんゆう)と呼ばれることもあり、皮膚の柔らかいところにできやすいことが分かっています。

いずれも、衣類でこすれる肌への刺激や紫外線も原因であるとも言われています。

この首イボというものは、一度出来ると治すのがとても大変。
小さいものが多いため安易に構える人も少なくありませんが、一度できたイボを取るのは大変なことなのです。
そして自分で自宅で治そうとすると、思った以上に時間がかかることもあることを頭においてください。


出典:あおよこ皮膚科クリニック

首イボを治す、つまり首イボを綺麗に取るためには、日々の徹底したケアが必要になってきます。

首イボを取りたい人に必要なこと

首イボは、気が付いてしまったが最後。
他人にはそれほど気づかれにくいものではあるものの、自分では気になって仕方なく、つい何度も手で触ってしまったりすることも多いでしょう。

しかしそれは悪循環というものです。

首イボには刺激は禁物。
まずは徹底した「保湿」対策が首イボを治すための一番の基本となるのです。

鏡をみる女性

一般的に保湿効果のあるとされるクリームなどで保湿すればいいの?
と安易に思うかもしれませんが、それではイボは取れません・・・。

イボは昔から沢山の人が悩まされ、未だはっきりとした治療方法も定まらない謎の疾患です。
そのなかでも、先人の知恵でイボに効果があるとされている成分がしっかりと配合されたものでの保湿が重要なのです。

イボを取るのに効果的な成分とは?

首イボに限らず、ボを取るのに効果的だといわれている成分はいくつかあります。

・ハトムギ ・ヨクイニン ・杏子エキス

この3つが代表的な成分といえます。

ハトムギ

ハトムギとヨクイニンは同じものとして見なされることもあります。
ハトムギの種から採取したエキスをヨクイニンと呼ぶことから、ひとくくりに「ヨクイニン」とされることもあります。

ハトムギは昔からお肌への美肌効果や抗菌作用が期待され、美しい肌作りに役立つと重宝されてきました。
今現代になっても、イボを取るにはまずヨクイニンが提案されることがほとんどです。

そして杏子エキスも、最近は多くのイボを治すための化粧品に配合されるようになっています。
それは、杏エキスに含まれるパルミトレイン酸なる不飽和脂肪酸の一種に注目が集まったことから。

杏子

このパルミトレイン酸は、赤ちゃんのお肌に多くふくまれる不飽和脂肪酸で、お肌の老化防止に役立ちます。

老化を抑えてお肌のターンオーバーを正常化することで、イボを治す方向へとアシストしてくれます。
そのうえ、加齢によって機能が低下するといわれている「皮脂膜」にかわって、紫外線を防ぐ効果もあります。

ヨクイニン&杏子エキスでイボを取る

私は、クリニックへイボ除去へいくほどの時間もお金も持ち合わせていませんでした。
一度で全部治療できるほどの数でもなく、しばらく通院することは目に見えていました。

そして自宅でイボを取るために、いろいろなイボ化粧品にトライしてみることにしました。
いろんな商品を買いましたが、それでもクリニックで除去することを考えれば安いものです。

イボに効果がある成分が配合されつつ、しっかりとイボがとれる化粧品は意外にもとてもコスパのよいオールインワンゲルでした。

なんとも言えないオレンジ色のゲル。艶つや習慣というイボの改善のために作られた化粧品です。
テクスチャーは割としっかりとしていますが、伸びはよく、お肌への浸透もとてもよいです。

そして何よりうれしいのがこの大容量です。120gも入っているオールインワンゲルはそうそうお目にかかれません。
艶つや習慣は、この格安のお値段であるにもかかわらず、しっかりとハトムギエキス杏子エキスが配合されています。
他社製品との比較を見ても、一目瞭然です。

艶つや習慣 ~50代向けクリエイティブ

さらに、プラセンタやアロエベラ、ヒアルロン酸、コラーゲンの他にも話題のアスタキサンチンも配合
アスタキサンチンは、今エイジングケア成分の代表ともいえるもの。
それらを一個にまとめてくれているのが艶つや習慣です。

大容量だから、躊躇せずに沢山首に塗りまくる日々が続きました。
そしてヒザやかかとのカサつきにも、潤い効果を発揮してくれるので、洗面所に常備するように。

艶つや習慣2

4ヵ月ほどひたすら塗り続け、艶つや習慣の効果がだんだん実感されてきました。

艶つや習慣で半年!首イボがきれいに取れた!

首イボに悩み、夏場でも小さいスカーフで「クーラー対策です」なんて言ってみたり、本当に面倒な日々を過ごしてた私。
首回りがあいた洋服や、デコルテまで出るようなカットソーも着ることができず、おしゃれも全然楽しめません。

ひたすら艶つや習慣を塗る様になって4ヵ月ほどで大半の首イボは、干からびて取れてしまいました。
数個残った、しぶといしつこいイボも半年ほどで縮まり、結果的にはぽろっと取れ、今では首イボの悩みなんて忘れてしまいそうです。

しかし。
私は未だに艶つや習慣を塗り続ける日々を辞めてはいません。

なぜなら、首イボはまた再発してもおかしくないからです。
日頃からの徹底した保湿、そしてハトムギエキス杏子エキスイボ予防、そのほかの美肌成分の潤いによって、私の首はキープされていると信じています。

艶つや習慣 ~50代向けクリエイティブ

首イボに悩む方は、艶つや習慣をまず最初に使ってみることをおすすめします。
そしてすぐに「効果がない」と塗るのを辞めてしまわないこと

イボはしつこいことを絶対に忘れないでください。

イボを取りたいがために私がやったNG行動

イボを取りたいと思ってやってしまいがちなのが、イボをちぎったり切ってしまおうということ。
わたしも例にもれず、長めの首イボを小さなハサミで切ってみたことがあります。
イボを取りたいがために取ってしまったこの無謀な行動の結果は・・・

眼科剪刀
出典:荒川製作所

痛いだけです。

これでは根っこから治すことにはならないし、きれいにイボを取ることはできません。
他にも、糸で縛ってみたり、ウワサでイボにいいとされるオイルなども片っ端から塗りましたが、あくまで全て遠回りな結果に。
しかも、ハサミで切った部分はシミのようになってしまいました

イボにはイボを取る為に作られた化粧品が一番です。

もちろん、体質やその人のイボによっては効果がみられない方もいるかもしれませんが、イボにはイボのための化粧品を使うことをおすすめします。

艶つや習慣

オールインワンジェルだから、毎日のスキンケアとポツポツ角質ケアが一緒にできるのでめんどくさがり屋さんにもおすすめ!

⇒ 詳細はこちら

シルキースワン

ハトムギ種子エキスとヨクイニンエキスのダブルヨクイニンパワーの首、顔、デコルテなどにできるイボやポツポツ対策用の美容ジェルクリームです。

⇒ 詳細はこちら

杏ジェル

97.7%自然原料を使用した
やさしいジェルです。目元・口元・首まわりのポツポツだけでなく古い角質によるくすみやザラザラ肌、小鼻の黒い毛穴汚れ、かかとのガサガサなどにもOK。

⇒ 詳細はこちら

アンミオイル

首元・目元にできるポツポツを取る商品として楽天・ヤフーでも№1商品!しかも低価格なのも嬉しいですね!お試し商品があるのもポイントです!

⇒ 詳細はこちら