首イボの市販薬でよく効く塗り薬はあるの?私が首イボを除去した方法


首イボがどんどん増えると、見た目も悪くて皮膚もザラザラになり気分も滅入ってしまいますよね。
でも、首イボの市販薬でよく効く塗り薬ってどれなんだろう・・・

今回は、首イボの市販薬でよく効く塗り薬はどれなのか、そして私が首のイボを除去した方法もご紹介します。

※これは私の首の実際の写真です。

首イボビフォーアフター

 

私は市販薬をひと通り使用して、艶つや習慣にたどり着きました。
後半で実際の使用感、口コミをまとめていますのでチェックしてみてください。艶つや習慣

 

市販薬を選ぶ前に首イボの種類を知ろう

首イボに効く市販薬は・・・と考える前に、自分の首にできたイボがどんな種類のものなのかチェックしなければなりません。
首イボには多くの種類があり、イボによってよく効く市販薬は異なります。

首イボができる原因は、大半が紫外線によるダメージ、加齢、そしてアクセサリーなどの摩擦によるもの。
ダメージを受けたことによって、角質が固まってしまっているのです。

一般的な首イボと呼ばれるイボは、「アクロコルドン」や「スキンタッグ」がほとんどです。
両方が混在していることも多く、アクロコルドンよりも突起したものがスキンタッグと呼ばれています。

そしてこれらは、脂漏性角化症とも呼ばれている老人性のイボです

アクロコルドン

このような首イボは、体に健康的な害を及ぼすことはほぼなく、老化現象のひとつとも捉えられています
しかしながら実際にできてしまうと、見た目が悪く、首もザラザラになるため、年齢よりも老けて見られたりするので気にする人は多いのです。

大半の首イボ、首のプツプツはこのアクロコルドンやスキンタッグであることが多いようですが、写真のイボの様子と違う、という人は以下の記事もチェックしてみてください
そして、一度皮膚科を受診してみることをお勧めします。

ウイスル性の強いイボであれば、自分で首イボを除去するのは不可能です
適切な治療をしっかり受けなければなりません。

反対に、この写真と同じような首イボにお悩みの方は自分で綺麗に治すことができるかもしれません。

アクロコルドン、スキンタッグの原因

アクロコルドン、スキンタッグのような首イボは、皮膚が薄く、柔らかい部分にできます。
そして衣類や、普段の生活習慣の中で摩擦を受ける部位にできやすいという特徴もあります。

1.摩擦

皮膚の摩擦などのダメージは、メラニン色素による黒ずみやシミの原因としても知られていますが、どんどんメラニンが蓄積していけば皮膚厚みを増し、固くなってしまいます

そして厚みを増して固くなった角質が徐々にイボになっていくのです。

女性は特にネックレスの扱いに注意した方がいいかもしれません。
私自身も長年、ネックレスを一日中、寝るときも外さずに過ごしていました。

ふと、気が付いたら首イボが沢山できていたんです。
ネックレスは摩擦をうみ、首の皮膚に大きなダメージを与えます。
必ず家にもどったら外す習慣をつけておくようにしてください。

2.紫外線

紫外線によるダメージも首イボの原因になります。
摩擦が起きた時と同様に、紫外線によるダメージでもメラニン色素は作られ、肌に蓄積していきます。

紫外線による日焼けは、シミだけでなくイボの敵でもあるのです。
摩擦、紫外線、いずれもこれらの刺激を受けたことで、肌がメラニンを作り自己防衛を行い、結果的に蓄積して首イボを作っていきます

3.乾燥

メラニンが蓄積して固くなる前に、日々しっかりと首も保湿ケアをしておくことが重要です。
蓄積した角質を正常にターンオーバーさせるには、保湿が肝心。

正常なターンオーバーが行われていれば、ある程度メラニンが作られたり角質が蓄積しても徐々にキレイに剥がれ落ちていくものです。

ターンオーバー

問題なのは、乾燥していてバリア機能が低下し、ターンオーバーが遅れている、または加齢によってターンオーバーが遅れてしまう、など肌の生まれ変わりがうまくいっていないことも首イボの原因になるのです。

通常の若く健康な肌は上の図のように28日周期で生まれ変わりますが、ダメージを受けたり、加齢した肌はきちんとしたターンオーバーが行われなくなり、周期が遅くなっています。

首イボの市販薬はどんなものがあるのか

市販薬:塗り薬

イボコロリ

イボの市販薬といえば、誰もが思いつくのがイボコロリではないでしょうか?
でも、実際にイボコロリは顔や首への使用が推奨されていません。
どうしても試してみたい場合には、「内服薬の」イボコロリなら大丈夫です。

 

紫雲膏

紫雲膏は漢方薬の一種で、昔から皮膚の改善に使用されてきた市販薬です。
抗腫瘍作用、抗菌作用、抗炎症作用を持ち、首イボにも効果があると言われています。
アクロコルドンや、スキンタッグのような首イボ、つまりウイルス性でないものには効果がありますが、ウイルス性のイボ(尋常性疣贅)などには効果がありません。

保湿効果も高いです。

 

市販薬:内服薬

ヨクイニンS「コタロー」

首イボ改善の内服薬といえば、ヨクイニンです。
ヨクイニンS「コタロー」は、ヨクイニンの含有量が高く、ヨクイニンの処方薬も製造している小太郎漢方製薬が販売している市販薬なので、首イボ除去に効果の出る人も多いようです。

首イボによく効く市販の塗り薬は?

私の首イボにも、紫雲膏を試したことがありますが、だいぶ長期にわたって塗っても首イボに変化は見られませんでした
保湿効果が高いこともあって、首の皮膚が潤ったのは実感できたのですが、首イボ除去にまでは至りませんでした。

私の首イボは1個1個がとても小さいので、第三者に指摘されたことはありません。
気が付いていても触れなかったのかもしれませんが、それほど肉眼では目立つものではありませんでした。

アクロコルドン

出来ている場所も首の両サイドだったので、髪の毛を下ろせばよけに目立ちません。
ですが、写真を撮ればこの通り。

一体何個の首イボがあるのか数えきれないくらいです。

ヨクイニンは病院の処方薬も飲みましたし、市販のヨクイニンも飲んでいました。
でも、1瓶開いてしまうとなかなか継続して購入できず、間が空いてしまうこともありました。

しかし結果的には、現在の私の首はここまでキレイになっています

年齢による首の横ジワは気になるものの、とてもきれいになったと思いませんか?
画像修正や補正などはしておりません。

私に一番効いた市販の塗り薬は以下でご紹介します。

私の首イボに一番効いたのは市販薬ではなかった

現実的に私の首イボを除去したのは、市販薬でも処方薬でもありませんでした
私が実際につかっていたのは以下の製品です。

艶つや習慣

 

市販薬というよりは化粧品の部類にはいるのでしょうか。
ドラッグストアなどで売られている市販薬とは違い、ネット通販での購入が可能なイボ除去専用のクリームです。
鮮やかなオレンジ色が印象的。

艶つや習慣の中身

この鮮やかな色は着色料などによるものではありません。
クチナシやアスタキサンチンによるもので、自然のオレンジ

重めのテクスチャーで、しっかりと塗ることができます。

塗ってしばらくたつとベタつきもそれほど感じないので、洋服を着ても違和感はありません
気になるニオイも、ほぼ無香料と言ってよいと思います。
※若干の特有な匂いはします。

私はこの艶つや習慣で首イボが除去できればラッキー、くらいの気持ちでいましたが、朝晩2回塗り続けてみることにしました。

艶つや習慣と市販薬に共通している成分

艶つや習慣と市販薬には共通している成分があります。
それはヨクイニン

やはりイボの除去に現段階でヨクイニンに勝るものはないようです。
※実はイボはまだ完全には解明されておらず、わかっていないことが沢山あるんだそうです

この艶つや習慣、じつは「+」プラスとなって、グレードアップしています。

ハトムギエキス、杏エキスが5倍に

イボによく効くヨクイニン。
ヨクイニンをたっぷりと含んだハトムギエキスが以前の5倍になっています。
私が使い始めたころの物より、5倍もヨクイニンを塗り込むことができるようになったということですね。

そしてハトムギエキス同様、イボ除去に効くといわれているのが杏子エキス
固くなった角質をやわらかくして、しっかり保湿し、肌のバリア機能を高めてくれます。

この杏子エキスも以前の5倍。
首イボ全開の最初の頃からこの5倍仕様でケアしてみたかったと心から思ってしまいます。

他にもプラセンタやアロエベラ、ヒアルロン酸なども配合され、艶つや習慣の98%はなんと美容成分!
首イボ除去のケアをしていくと同時に、首全体の美肌ケア、そしてエイジングケアもできるってことなんです。

首イボに効くのは有効成分と保湿成分のバランスが重要

私なりにもなぜ、市販薬が効かなかったのにダメ元で使い始めた艶つや習慣がここまで効いたのか気になりました。

・私のイボはアクロコルドンであり、ウイルス性ではなかった
・美容成分とイボの有効成分の配合バランスが合っていた
・朝晩しっかり2回塗り続けた

この3つがポイントだと思っています。

艶つや習慣は、ウイルス性のイボは除去できないんですよね。
というよりも一般的に市販されているもので、ウイルス性のイボを除去できるものは存在しないようです。

艶つや習慣は、私の首の写真のようなイボの方は是非、試す価値アリだと思います。

首イボの市販薬でよく効く塗り薬はあるの?まとめ

結果的に私は市販薬ではなく、「市販のイボ専用クリーム」でイボを除去することができました。
正直もうレーザーしかないのか、と最後の手段として手に取った艶つや習慣が効いてくれたのでとても嬉しく思っています。

首はほぼイボがないといってもいいくらいキレイになりましたが、私は艶つや習慣をやめていません
ヨクイニンを毎日飲むのは苦痛だったけれど、艶つや習慣は毎日メイクすることやお風呂へ入るのと同じく、私の習慣になりました。

風呂上りと朝起きてメイクする前に首に艶つや習慣を塗る。
たったこれだけですが、首イボが再発しそうな気配もありません

しかしながら日々、紫外線対策にも気を配っていますよ。
夏場は日傘やサングラスで紫外線予防、首元にスカーフを撒いて出かけることもあります。

顔だけキレイにケアしていても、首がポツポツザラザラでは意味がありません。
私はこれからも二度と首イボができないように予防ケアしていきたいと思っています。

あなたの首イボにも良く効くことを祈っています。

※艶つや習慣に関する効果は、私の個人的な体感をご紹介しています。
効能、効果には個人差があります。

艶つや習慣

オールインワンジェルだから、毎日のスキンケアとポツポツ角質ケアが一緒にできるのでめんどくさがり屋さんにもおすすめ!

⇒ 詳細はこちら

シルキースワン

ハトムギ種子エキスとヨクイニンエキスのダブルヨクイニンパワーの首、顔、デコルテなどにできるイボやポツポツ対策用の美容ジェルクリームです。

⇒ 詳細はこちら

杏ジェル

97.7%自然原料を使用した
やさしいジェルです。目元・口元・首まわりのポツポツだけでなく古い角質によるくすみやザラザラ肌、小鼻の黒い毛穴汚れ、かかとのガサガサなどにもOK。

⇒ 詳細はこちら

アンミオイル

首元・目元にできるポツポツを取る商品として楽天・ヤフーでも№1商品!しかも低価格なのも嬉しいですね!お試し商品があるのもポイントです!

⇒ 詳細はこちら