首イボにはハトムギが効く?ハトムギの成分と効果効用とは


ハトムギハトムギエキスは古くからイボや美肌の妙薬として親しまれてきました。
最近では、ハトムギの薬効ばかりではなく栄養学的な面からも注目されているそうです。
ハトムギで首イボは治るのでしょうか?実際に飲み続けた結果をまとめました。

成分や効果効用を紐解いていきましょう。

ハトムギってどんなもの?

ハトムギの原産地は、東南アジアから中国南部にかけてです。
ムギ」とついていますが、実際には麦ではなく「イネ科」の1年草です。

漢方生薬であるイボ治療でよく名を耳にする「ヨクイニン(薏苡仁)」は、ハトムギの種の殻を除去して乾燥させたもので、中国最古の薬物書である「神農本草経(しんのうほんぞうきょう)」にもその名と効果効用が記されています。

日本でも、古くから肌を美しくするため、イボ取りの薬として重宝されてきました。

栄養面でも優れており、たんぱく質含有量は穀類の中で最も多く、玄米の2倍ほど含まれています。
鉄も玄米の2倍程度含まれています。

 

ハトムギの効果効用

たんぱく質や鉄のほかに、ビタミンB1、B2、カルシウムやカリウム、食物繊維を多く含んでおり、腫瘍の抑制や皮膚の角質層のターンオーバーを活性化する「コイックセノリド」が含まれています。

イボは、皮膚の角質層にできる良性腫瘍
ハトムギがイボ取りに効果があるとされるのは、コイックセノリドの「腫瘍抑制成分」によるものです。

 

ハトムギはイボを抑制するだけでなく、にきびや肌荒れ、吹出物、シミ、ソバカスなどのトラブルも改善して肌を美しく保つという効果もありますが、これも代謝を促進してくれるコイックセノリドの作用によるところが大きいといえるでしょう。

アミノ酸組成のよいハトムギのたんぱく質も、新陳代謝を活発にして美肌づくりに一役かっています。

 

 

素肌

その他にもまだ有効成分は解明されていませんが、ハトムギには体の余分な水分を取り除く「利尿作用」もあり、水太りタイプの肥満や関節に水がたまる症状、膀胱炎にも効果が期待できます。

また、神経痛やリウマチのこわばりを治す、食欲増進、消化を助けるはたらき、胃を丈夫にする、下痢や便秘の改善などの効用も知られています。

 

ハトムギの効果的利用方法

ハトムギには殻付きのものと脱穀したものがあります。
また、健康食品として水あめ状のハトムギ糖、濃縮エキス、粉末、フレーク、などがあります。

しかし、一番手軽に利用できるのはティーバッグ入りのハトムギ茶ではないでしょうか?
市販のものもたくさんあるので一度試してみてください。

主にお茶に使われるのは殻付きのハトムギです。
自分でハトムギ茶を作ってみるのもよいでしょう。

お茶を飲む女性

 

ハトムギ1/2カップを乾煎りしてから、水3カップを加えて30分ほど煎じます。
そして、これを1日に数回に分けて飲みます。
すぐに変化を感じられる効果としてはシミやソバカスの改善ですが、長期的に飲み続けることで首イボやその他のイボが取れたというケースはとても多いです。

脱穀したハトムギであれば、お米に混ぜて炊き上げてもいいです。
常食していることで、イボ取りや肌のトラブル改善が期待できます。

 

ハトムギ摂取の注意点

ハトムギは生のままでは消化が悪く、加熱不十分のまま摂取すると胸やけなどを起こすことがあります。

胃腸の弱い人は、食べるよりもやはり煎じたお茶にして飲むか、市販のハトムギ茶を飲む方がよいでしょう。
市販品は、十分に加熱処理されてから製品化されているものがほとんどですが、万が一粉末状のハトムギを服用するときは、注意書きをしっかりと読んでから使用してください。

また、ハトムギには体を冷やす作用があるので、冷え症の人や妊娠中の人は慎重に用いたいものです。

 

ハトムギで首イボは取れるのか?

私の首にできてしまったのは「アクロコルドン」です。
いわゆる肌の老化現象によってできた、角質の塊ですね。

小さいものが数個なので気にとめていなかったのですが、ふと気が付くとデコルテの方にまで首イボが増えていたんです。

あわてて取り掛かったのは、まず首のお肌の保湿
とにかく乾燥しないように、衣類などで摩擦による刺激を与えないように気をつけました。

そして、同時に飲むようにしたのが「ハトムギ茶」です。

最近ではドラックストアに行けばすぐ手に入りますね。
私はティーバッグタイプの物を、飲むたびにその都度作っていました。

お鍋で煮だしてもよかったのですが仕事をもっていることと、ハトムギのティーバッグをお茶にしたらすぐに飲みたかった、というのが理由です。

飲み方は簡単。
水分補給をハトムギ茶に変えたのです。
大き目のマグカップにティーバッグを入れて、注ぎ足しは二回まで。

お茶を飲む女性2

一日に2包飲むこともよくありました。

そして4ヵ月ほどたったある日、まじまじと鏡で確認すると首イボが減っていたんです。
どうやらハトムギのコイックセノリドが、私の首イボには効果的に効いたようです。

 

今では保湿を怠ることもないし、首イボの再発は見られませんが、イボの予防対策としてハトムギ茶は飲み続けています。

もちろん、治すのに必死だった頃とは違い、コーヒーや好きなハーブティを飲むこともありますが、ハトムギ茶をまったく口にしない、という日はありません

これから先、加齢とともにまたイボに悩まされることもあるかもしれませんが、早い段階でハトムギ茶を飲むようになって本当に良かったと思っています。
味もとても美味しいのでまったく苦にはなりません。

首イボに限らず、イボに悩んでいるのなら毎日のお茶やお水をまず、ハトムギ茶に変えてみてください。
そして保湿も完璧に。
これは絶対に欠かせない2つの首イボ対策と言えると思います。

艶つや習慣

オールインワンジェルだから、毎日のスキンケアとポツポツ角質ケアが一緒にできるのでめんどくさがり屋さんにもおすすめ!

⇒ 詳細はこちら

シルキースワン

ハトムギ種子エキスとヨクイニンエキスのダブルヨクイニンパワーの首、顔、デコルテなどにできるイボやポツポツ対策用の美容ジェルクリームです。

⇒ 詳細はこちら

杏ジェル

97.7%自然原料を使用した
やさしいジェルです。目元・口元・首まわりのポツポツだけでなく古い角質によるくすみやザラザラ肌、小鼻の黒い毛穴汚れ、かかとのガサガサなどにもOK。

⇒ 詳細はこちら

アンミオイル

首元・目元にできるポツポツを取る商品として楽天・ヤフーでも№1商品!しかも低価格なのも嬉しいですね!お試し商品があるのもポイントです!

⇒ 詳細はこちら