赤いホクロみたいなものの正体は首イボ !赤いイボはとるべき?


首やデコルテ、胸に赤いホクロのようなものが出来た!
その正体はおそらく「イボ」です。

特徴はまず、その色味。
小さな血豆のような、赤いイボは「血管腫」といわれる良性の腫瘍です。
未だ原因は明らかになっていないものの、血管が何かしらの原因で拡張したり、増殖することによってできてしまうようです。

隆起が少なく、一見「赤いホクロ」のようにも見えることのある血管腫。
一体どんなイボなのでしょうか?

赤いイボ

出典:http://ameblo.jp

 

血管腫(赤いイボ)の種類

血管腫は、2種類に分けられます。

①血管の形成異常によってできるイボ
②紫外線や皮膚の摩擦などの刺激によってできるイボ

①の血管の異常によってできる血管腫は、ポートワイン血管腫、乳児血管腫、先天性血管腫などがあり、②の血管腫は老人性血管腫と分類されます。

いずれの血管腫、つまり赤いイボは年齢にかかわらず若い人にもできる傾向があります。
そして、老人性の血管腫は紫外線を浴びやすい部位にできやすいことが分かっています。(顔・デコルテ・背中など)

 

赤いイボ(血管腫)は取るべき?

血管の異常によってできる、と聞くと悪化して大病にならないかと不安になる人も多いでしょう。
しかも、赤い色に驚いて心配する人も少なくはありません。

しかし、一般的な赤いイボは良性であることがほとんどで、健康に支障をきたすことはありません
小さなものであれば、本人が気にしていない限り必ずしも取る必要はありません。

ただし、女性の場合デコルテラインや胸元、首にできることも多い赤イボは、見た目的に気になってしまうこともあるでしょう。

 

赤いイボの治療方法

赤いイボ(血管腫)は、皮膚科や形成外科で行われます。

①炭酸ガスレーザー治療

一般的なイボやホクロ除去にも使用される炭酸ガスレーザーでの治療。

②電気メス

電気メスでイボを焼き切る治療方法。

③液体窒素

液体窒素でイボを凍結させる方法。跡が残りやすい。

④外科手術

血管腫でもサイズが大きく、上の3つの治療法では取り切れないと判断された場合には、外科手術で切り取ることもあります。
※1センチ以上もあるような場合

血管腫には、炭酸ガスレーザーか電気メスが適しています

 

赤いイボは色白の人にできやすい

血管腫は色白の人にできやすいといわれています。
実は私自身も首と胸元に数個できています。

真っ白な肌に真っ赤なホクロのような点があるので、1ミリ程度と小さくてもとても目立ちます。
最初は、何かのきっかけで内出血でもしたのかと全く気にも留めていませんでしたが、これがずーっと治りません。

そして調べていくうちに、この赤いホクロの正体が血管腫というイボだった・・・ということがわかりました。

 

自然には治らないのかと思うと、皮膚科での除去も考え受診したところ、無理に血管腫を取ることもないよ、と言われました。
見た目以外にそれほど影響もなく、美的要因が高いことから治療は保険適用外とあって、放置している人も多いそうです。

 

幸いにも私の赤いイボは、普通の洋服を着ている状態ではほとんど見えない位置にあるので、今のところは自分で保湿ケアやイボケア用品を塗ってみたりしながら様子を見ています。

すでに受診して半年以上たちますが、増殖している様子もありません

 

ただ、もしこの赤いイボが大きかったら、と思うとその目立ちようは相当なものであろうと思います。

もし、肌が白い傾向にあり首やデコルテに赤い斑点のようなホクロのようなものを見つけたら、早めに受診してみてください。
そしてもちろん紫外線対策は万全に
赤いホクロだとずっと思っていた正体がイボ・・・
年齢を重ねていくということは、色々な体の箇所に様々な小さな老いを感じていくことなのですね。

艶つや習慣

オールインワンジェルだから、毎日のスキンケアとポツポツ角質ケアが一緒にできるのでめんどくさがり屋さんにもおすすめ!

⇒ 詳細はこちら

シルキースワン

ハトムギ種子エキスとヨクイニンエキスのダブルヨクイニンパワーの首、顔、デコルテなどにできるイボやポツポツ対策用の美容ジェルクリームです。

⇒ 詳細はこちら

杏ジェル

97.7%自然原料を使用した
やさしいジェルです。目元・口元・首まわりのポツポツだけでなく古い角質によるくすみやザラザラ肌、小鼻の黒い毛穴汚れ、かかとのガサガサなどにもOK。

⇒ 詳細はこちら

アンミオイル

首元・目元にできるポツポツを取る商品として楽天・ヤフーでも№1商品!しかも低価格なのも嬉しいですね!お試し商品があるのもポイントです!

⇒ 詳細はこちら