【イボ化粧品】イボ取りクリームで自分でイボを取る~効果的な成分が効く


おすすめイボ化粧品はこちらです。
まず、効果的なイボ化粧品が知りたいという方は商品名をクリックして詳細をご覧ください

オールインワンゲル オールインワンゲル ピーリング  オイル
艶つや習慣2 クリアポロン ぽろぽろとれる杏ジェル
艶つや習慣 クリアポロン 杏ジェル アンミオイル

 

首や顔に気が付くとできてしまっていたイボ。
吹出物と思って放置していたら、いつまでたっても治らないし、なんだか増えた気もする・・・・
私自身、いつからイボが出来ていたのか正直全くわかりませんでした。

気になるイボについて調べれば調べるほど、イボと老化現象が切っても切り離せない、という現実に悲しくなりました。
そして、お肌の老化が原因のイボほど、ゆっくりゆっくり増殖していくんだそうです。
そのゆっくりさに、ここまで増えるまで気が付かなかったのかもしれません。

イボを取るには皮膚科やクリニックへ行って液体窒素や炭酸レーザーなどの治療を受けることも選択のひとつですが、自分でケアしてイボが取れれば、こんなに嬉しいことはありませんよね。

私自身も、市販のイボ化粧品でイボの悩みを消し去ることができました

→私が使用したのはこちら

最近のイボ治療を目的として作られている「イボ化粧品」は、イボに効果的な成分や肌の保湿、ターンオーバーを活性化させる成分が含まれており、日々塗り続けることできれいにイボが治ることは珍しいことではなくなってきています。

イボ化粧品に含まれるイボに効果的な成分はなんなのか?
また、イボ化粧品にはどんな種類があるのかについてまとめます。

イボに効果的な成分とは?

イボ化粧品には、クリームタイプ、ジェルタイプ、オイルタイプなどがありますが、これらには共通に含まれる成分が存在しています。

ヨクイニン(ハトムギ)

ヨクイニンは、ハトムギの種子から抽出された生薬の一つで、昔からイボに効果的だとされています。
ハトムギ茶がイボに効く、というのもこのヨクイニンが含まれていることから。
そして内服タイプの漢方なども、ヨクイニンを含んだものが「イボ治療用」として販売されています。
ヨクイニンは、クリームタイプ、ジェルタイプ、オイルタイプのどのタイプのイボ化粧品にも必ずといっていいほど配合されています。

 

ハトムギ

ヨクイニンの効果としては、お肌の皮膚を柔らかくしたり、炎症作用や保湿、また皮膚の再生など。
お肌を保湿しながら柔らかく、炎症も抑えることからイボが自然に取れるような環境へと導いてくれます。

注目すべきヨクイニンの中の成分は、コイクセラノイドと呼ばれ、お肌の古くなった角質の代謝を正常化します。
そして、ハトムギ自身が持つたんぱく質も新陳代謝を活発化するので、お肌のターンオーバー活性化にも効果を発揮してくれます。

ヨクイニンは、イボを治すことにとどまらず、シミやニキビ、そばかす、吹出物などのお肌のトラブル改善にも役立ち、美肌効果の高い成分といえます。

艶つや習慣 ~50代向けクリエイティブ

杏子オイル

杏子には、オレイン酸の他にもパルミトレイン酸という不飽和脂肪酸の一種が含まれています。
これは人のお肌、特に赤ちゃんのお肌に多く含まれている不飽和脂肪酸です。

このパルミトレイン酸の効果は、お肌の老化防止です。
老化の防止によって新陳代謝を活発化させ、また老化によって機能の落ちた皮脂膜の代わりとなり紫外線をガードする働きもあります。
また、かゆみを抑える作用があるとも言われています。

杏子

そして杏子オイルは、粘り気のないさらっとしたテクスチャーでお肌への浸透力がとても高いという特徴があります。
無色でほぼ匂いもなく、酸化しにくく、他成分とのブレンドにも向いています。

皮膚を柔らかくする効果にも優れており、オイルとしての化粧品化の他にも、クリームや石鹸、化粧水やパックにも配合されています。

杏子オイルがイボ化粧品に配合される理由としては、皮膚の再生を活発化させるところにあります。
そして、種を問わずブレンドしやすい性質から様々なイボ化粧品に使用されるようになりました。

 

ドクダミエキス

ドクダミというと内服のイメージが強いかもしれませんが、ドクダミは内服薬としても外用薬としても、その効果を発揮します。
ドクダミの葉や茎、花穂に含まれているエルチトリン、イソクエルチトリンなどのフラボノイド系の成分には、毛細血管を強くし血管を拡張する作用や、血行促進作用、皮膚を強くする作用、炎症を鎮める作用があります。

 

ドクダミ

 

ドクダミは漢方では、10個もの薬効があるといわれており、重要な薬草であるという意味合いで乾燥させたものに「十薬」や「重薬」という生薬名をつけています。

そして、ドクダミ特有の強い臭いの元となっているデカノイルアセトアルデヒドという精油成分には、糸状菌や黄色ブドウ球菌を強く抑制する抗菌効果があり。クロロフィルも含まれ傷がついたお肌の再生に役立ちます。

これらの効能からドクダミも多くのイボ化粧品に配合されています。

 

オウバク(黄柏)エキス

オウバク(黄柏)エキスとは、キハダ樹皮エキスのことをいいます。
有名化粧品のドモホルンリンクルなどにも配合されている成分です。

キハダ

出典:永楽屋ガーデン

 

最近では国産のオウバクは減少傾向にあり、大半のオウバクは中国から輸入されています。

主な効果としては、抗炎症作用吹き出物の軽減、そして抗菌作用などです。
そして、お肌の炎症を鎮静化し、かゆみを抑える働きもあります。

オウバクはイボ化粧品のメインの成分というよりも、ヨクイニンや杏子とのブレンドによって使用されていることがほとんどです。

 

ナスの果実エキス

昔の人がナスのしぼり汁でイボを治した、などと聞いたことはありませんか?
ナスには、植物性アルカロイドいう抗がん剤にも用いられている成分が含まれています。

植物性アルカロイドは、腫瘍の治療にも役立つ力をもち、お肌自体の免疫力を高くする他、本来持つ自然治癒力を活性化する働きがあります。

最近のイボ化粧品には、水ナスなどのナス果実エキスを抽出して配合しているものも増えています。

ナス

 

専用イボ化粧品で保湿とタンオーバー活性化

イボ化粧品に配合されている主な成分を見ていくとわかるのは、イボを取るためには「保湿」と「お肌のターンオーバー活性化」が基本だということがわかります。

イボのできる原因は大半が肌の老化と乾燥、紫外線による影響です。
それを踏まえて、イボ化粧品は保湿をしながら皮膚再生を手助けしたり、バリア機能を回復するための成分がたっぷり配合されています。
そのため、イボを取る目的で使い始めたのにお肌全体がしっとりとし、毛穴も小さくなったという体験談が多いのも特徴です。

素肌

そもそも、お肌のターンオーバーは28日周期であるといわれています。
しかし、ほとんどの人のターンオーバーが乱れているのが本当のところ。

紫外線を浴びてしまったり、ストレスを多く感じているとお肌のサイクルはどうしても乱れてしまいます。
20代前半くらいまでであれば、体自体の新陳代謝も活発なのでお肌もどんどん再生され、生まれ変わっていきます。

しかし、どうしても年齢を重ねると新陳代謝は低下し、ターンオーバーも遅くなりがちになります。

イボはこのターンオーバーが上手くいかずに、表面に押し上げられた古い皮膚がきれいに剥がれ落ちず角質化したものがほとんどです。
28周期といわれるお肌のターンオーバーは30代なら45日程度、40代なら60日程度、50代になると75日程度かかるといわれています。

これほどターンオーバーが遅くなってしまえば、イボが出来てしまうことも納得できるのではないでしょうか?

 

イボ化粧品を使用すべき理由とは

イボを短期間で取ってしまいたい、治したい、というのなら皮膚科やクリニックで炭酸ガスレーザーや液体窒素、ハサミでの除去などによって取ってしまうのが一番早いでしょう。

しかし、これはあくまで外的な見た目の問題にすぎません。

イボが出来る原因は、未だはっきりとは解明されていないものの、もしあなたにイボが出来たのであれば何かしらの原因がそこにはあるのです。

皮膚科やクリニックでの治療は、見えているイボを取ることに過ぎずイボが出来た原因」はなくなってはいないのです。
つまり、皮膚科やクリニックでイボを除去しても再発したり、また違う部位にイボが出来てしまうということは大いにありえるのです。

 

kubi

 

イボを根本的に治すには、まず生活習慣やお肌の手入れを見直すことが重要です。
しっかりとした保湿や、イボに効果的な成分が配合されたイボ化粧品を使用し続けることで、「イボが出来た原因」をひとつずつ減らしていくことが必要です。

実際に、私の周りにもイボを液体窒素で焼いたのにまた再発した、という人はとても多くいるんです。
簡単に除去したせいか、日々のスキンケアを怠っていたのではないかと思います。

日々、しっかりと睡眠をとり、しっかりと保湿をしながら紫外線対策も怠らない。
イボとの闘いは、これらを絶対に怠けてはいけません。

艶つや習慣 ~50代向けクリエイティブ

イボ化粧品はおまけの美肌効果もいっぱい

首イボができたのをきっかけにイボ化粧品を毎日塗る様にしていたら、手の甲と同じく「年齢がわかる」といわれる首元のシワが気にならなくなりました
首のシワも老化と乾燥が原因

イボ化粧品は保湿効果に重点をおいているものが大半なので、首イボをケアしていたら首のシワがなくなるという話はとても多いようです。
またイボ化粧品の種類によっては、イボに効果的な成分の他にヒアルロン酸やビタミンC誘導体を配合しているものなどもあり、なおさら首のシワのケアにもいいのがわかります。

首に横ラインができているのなら、一度試してほしいです。

 

イボ化粧品の種類

①クリーム、ジェルタイプ

クリームタイプやジェルタイプのイボ化粧品は、プラセンタやヒアルロン酸が配合されたものも多くあります。
そしてオールワンインジェルタイプで顔全体に使用できるものや、スキンケア前半に使用できることが特徴的です。

基本的には、固くなってしまった角質を柔らかくして、ヨクイニンや杏子のエキスによってイボを治していくのが目的に作られています。

殺菌作用のあるものも多いです。

ジェルタイプでズバ抜けておすすめしたいのは艶つや習慣です。
実際に使用した中で一番、満足のいく結果を得られています。

艶つや習慣2

艶つや習慣 ~50代向けクリエイティブ
艶つや習慣詳細はこちら

②美容液、化粧水タイプ

イボ化粧品の中で認知度が高いのは「ハトムギ化粧水」ではないでしょうか?
ハトムギエキスやヨクイニンを配合した化粧水は多く販売されており、イボを治す目的だけでなく、美肌効果を目指した化粧水が多くあります。

また、イボ専用の美容液もあります。
美容液はテクスチャーもまったりとしているものが多く、イボの幹部に塗ることでまとわりつくようなテクスチャーの物が多いです。

美容液タイプのイボ化粧品はクリームやジェルと併用して、集中ケアに使用する人も多いようです。

シルキースワンは、ジェルタイプでありながらクリームのような伸びのあるテクスチャーです。
さらっとした使用感をお好みの方におすすめ。
パッケージがかわいいのも人気の秘密です。

シルキースワン
シルキースワン詳細はこちら

③オイルタイプ

フェイシャルエステなどでも、昔からオイル美容は盛んに行われてきました。
杏子オイルをイボに効果的な成分と紹介しましたが、古くはスクワランオイルエクストラバージンオリーブオイルもフェイシャルエステでは人気でした。

ですが、イボを治す目的でのオイル化粧品となるとやはり群を抜いて杏子オイルが効果的でしょう。
最近では、杏子オイルだけでなく「杏子エキス」を配合した化粧水や美容液、ジェルなども増えています。

オイルタイプの使用感が好きだという方も多くいます。
塗りやすいテクスチャーでありながら、浸透力もある「アンミオイル」もイボ化粧品の中でとても高い人気を誇っています。
安らぐ香りも人気の秘密!香りでとても癒されます。

アンミオイル詳細はこちら

④ピーリングタイプ

お肌の新陳代謝、ターンオーバーの活性化にはピーリングが効果的だという声も多くあります。
確かにピーリングで古くなった角質を除去すれば、イボが治るのを早めることができそうです。

イボ専用に作られたピーリング商品にも、ヨクイニンや杏子の抽出物が配合されたものがあります。
ピーリングはウイルスタイプのイボへの使用には注意が必要ですが、老化によるイボであれば早々に効果が現れることがあります。
イボ専用のピーリング化粧品でケアした後に、ジェルやクリームタイプのイボ化粧品を塗る「併用」が効果的です。

ピーリングタイプで一番おすすめなのは、ぽろぽろとれる杏ジェル。
やさしくピーリングしてくれるので、使用後のお肌トラブルもありません。
古くなった角質ケアに最適なアイテムです。


ぽろぽろとれる杏ジェル詳細はこちら

男性にもイボ化粧品はおすすめ

男性だと「化粧品」とつくだけで抵抗がある人もいるかもしれません。
今市販されているイボ専用のケアアイテムは、薬品ではないのでほとんどが「化粧品」と区別されています。

しかし、男性であってもイボの悩みは同じです。
イボ化粧品は、性別を問わず使用できるものがほとんど

そして、男性の皮膚だってもちろん保湿は必要であることを認識しましょう。
もちろん、紫外線対策も忘れてはいけないのです。

イボができやすい人であれば、乾燥と紫外線の影響は必ずといっていいほど受けていることになります。
イボ化粧品は通販などで手にいれられるものも多いので、迷わず試してみるべきです。

首やこめかみなどに、小さなイボがあると男性であっても老けて見られてしまいます。
専用のイボ化粧品で、一度ケアしてみましょう。

 

イボ化粧品なら妊娠中に増殖したイボにも使用可能

妊娠中や出産後にイボが出来てしまい悩む女性はとても多いのです。
これは妊娠中にホルモンバランスが変化したり、免疫力が大幅に低下することが原因なのではないかと言われています。
しかし、妊娠中は刺激の強い薬品や皮膚科やクリニックでの治療は避けたほうがよいと思われます。
でも増え続けるイボを放置しておくのは、やめましょう。
イボはほとんどが良性のものなので、健康的な被害の心配はないものの、妊娠中にどんどん増えてしまったら気分も落ち込んでしまいます。

妊婦

 

妊娠中や産後の授乳をされているママにも、イボ化粧品であれば使用可能です。
薬品ではないので強い刺激を受けることもなく、あくまで化粧品としてイボのケア、増殖を防ぐことができます。

妊娠中にイボが出来たけど、産まれてある程度赤ちゃんが育つまでは仕方なく放置していた・・という声はとても多いんです。
後で後悔しないためにも、1個でも見つけたらイボ化粧品でケアしておくのが賢明です。

 

小さなお子さんでも使用できるから安心

イボは老化現象が原因、というとお子さんには無縁と思う方も多いかもしれません。
しかし、実際は小さなお子さんでもイボが出来てしまって悩んでしまうお母さんも沢山いらっしゃいます。

小さな子供に薬品を使用するのは抵抗がある、という方にもイボ化粧品はおすすめです。

また、イボが出来ているわけではないけれど、肌質が乾燥肌、硬い、などが思い当たる場合には保湿ケアとしてイボ化粧品を使用するのが効果的です。

ターンオーバーは続く

前にも述べているようにイボ化粧品は保湿効果を最大限に考え、作られているものがほとんどです。
しっかりと小さなうちから保湿を習慣づけておけば、お子さんが将来イボに悩む可能性も低くなります。

 

イボ化粧品だけで、イボを治すことはできるのか?

ヨクイニンや杏子、そのほかの成分がイボに効果的なのはわかってきたけれど、本当にイボ化粧品でイボが治るのか、と不安な方は多いことでしょう。
結論から言えば、イボ化粧品でイボは治ります
私自身、化粧品のみできれいにイボを治すことに成功しています
そして、増殖も再発ももちろんせずに過ごせています。

ただし、中にはイボ化粧品を用いても治らないイボも存在することを忘れないでください。

イボというのは、人それぞれ微妙に違っていて誰にでも効果の出るものは未だ見つかっていないのです。
しかしながら現代の技術によって、イボに効果の高い化粧品が作られるところまではきています。
様々なイボ化粧品を試したのに、一向にイボが治らないという人は一度皮膚科を受診してみるのもよいでしょう。
しかし、沢山のイボに悩む方々がイボ化粧品でイボを治していることも紛れもない事実なのです。
それでなければ、これほど沢山のイボ化粧品が世に出ることはなかったでしょう。

艶つや習慣 ~50代向けクリエイティブ

イボに効果的な成分も、今後もどんどん研究されていくことでしょう。
今の時点でも、ヨクイニンがイボに効果があるのは間違いというお医者さまもいるそうです。

しかしながら、ヨクイニンがイボに効果を見せていることも事実なので、本当に難しいところですね。
イボに悩んでいた私自身も、いろんなイボ化粧品を試し続け、まさに藁にもすがる思いで「イボよ治れ!」と日々を過ごしてきました。

 

そして、イボにとても詳しくなった今では、イボの悩みはすっかり解決しています。
それでも、二度とできないようにイボ化粧品は使用し続けています。
同じように、どうにかしてイボを治したいと悩んでいる人も、多くここのサイトへとたどり着いてくださっているのではないでしょうか?

あなたにも効果があるイボ化粧品を見つけられるよう、私は心から願っています。

私が実際に使用して、おすすめするのは以下のイボ化粧品です。

艶つや習慣

オールインワンジェルだから、毎日のスキンケアとポツポツ角質ケアが一緒にできるのでめんどくさがり屋さんにもおすすめ!

⇒ 詳細はこちら

シルキースワン

ハトムギ種子エキスとヨクイニンエキスのダブルヨクイニンパワーの首、顔、デコルテなどにできるイボやポツポツ対策用の美容ジェルクリームです。

⇒ 詳細はこちら

杏ジェル

97.7%自然原料を使用した
やさしいジェルです。目元・口元・首まわりのポツポツだけでなく古い角質によるくすみやザラザラ肌、小鼻の黒い毛穴汚れ、かかとのガサガサなどにもOK。

⇒ 詳細はこちら

アンミオイル

首元・目元にできるポツポツを取る商品として楽天・ヤフーでも№1商品!しかも低価格なのも嬉しいですね!お試し商品があるのもポイントです!

⇒ 詳細はこちら