首のイボは何科を受診するべきか?治療法はどれがいい?


首のイボは何科を受診するべきなのでしょうか?
皮膚にできる疾患だから皮膚科へ行く、という人は多いかもしれません。

でも、イボの治療を病院で受ける際に「首のイボは何科?」と疑問に思う人も多いようです。
首イボの治療に一番適しているのはどこなのか調べました

首イボ治療~皮膚科受診編

首イボも皮膚にできる疾患ですから、もちろん皮膚科での受診は可能です。
でも、皮膚科でイボ治療を受ける前には注意しておくべきことがあるようです。

・イボの個数が多い
・3ミリ以下の小さいイボが多い
・治療痕を残したくない

以上のような人には皮膚科でのイボ治療は向きません
首イボと限らず、治療痕を残さずに綺麗にイボを除去したい部位には皮膚科での治療は適しているとはいえないのです。

顔イボ

皮膚科での首イボ治療(ほかの部位のイボも同様)では、あまりにイボが小さいと治療できない、と言われてしまうことも。
そして安易にハサミなどで切除され、シミとなってしまったという声もとても多いのが実情なのです。

皮膚科でのイボ切除後のケアは、簡単なものがほとんど。
そのため、イボの跡がシミになる、またイボが再発してしまう、ということも少なくないのです。

しかしながら大半の首イボに悩むかたが受診するのはやはり皮膚科が圧倒的に多いようです。

首イボ治療~美容外科受診編

肌に跡を残さず綺麗にイボを切除したい
そう思って美容外科を受診する方もいます。

確かに美容外科なら設備も整っていて、外科的な手術にも心配がいらないと思います。

しかしながら美容外科でのメイン事業は、あくまで違うところにあることを覚えておきましょう。
美容外科には美容整形を行う患者さんや、大ケガなどで残ってしまった傷跡を消す手術をされる方など、様々な方が訪れます。

その中で首イボやイボの治療は「重き」を置かれていないのが実際のところです。

そして最大の注意点は首イボ切除にかかる金額
大半の美容外科では保険は適用されませんので、沢山できた首イボを個数に応じて切除して代金を払うとなると、膨大な金額になってしまいます

そのため首イボの治療に最適、とはいいがたいものがあります。

首イボ治療~美容皮膚科受診編

美容皮膚科とは、一般的な皮膚科と比較すると「美容」に重きをおいている皮膚科です。

まだ一般的にはあまり知られていないかもしれません。

美容皮膚科では、「肌をきれいにしたい」「肌を維持していきたい」などをメインに、「肌の状態を保つ、美しくする」ために通院されている方が多くいます。

まだまだ国内での美容皮膚科の認知度は低く、歴史も古いものではありません。
しかし皮膚の組織レベルで見通した治療が、シミやシワに効果的であるとされ人気が高まってきています

美容皮膚科の特徴

・完全予約制にするなど、1日の患者数を絞り込んでいるクリニックが多く、しっかりとカウンセリングや診察時間を設けてもらえる

・自費診療のクリニックもあるが、保険適用のクリニックもある

一般的な皮膚科などで首イボの相談をすると、「老化によるものなので、あって当たり前」という見解をされることも。
しかし、美容皮膚科では「美しい肌」を目指すことが根本にあるので、1個の首イボでも悩んでしまう気持ちが伝わることが多いです。

結局首イボは何科を受診すべきなのか

では、結局首イボは何科を受診すべきなのでしょうか?
一般的な意見になりますが、はじめて受診、ということならやはり「皮膚科」の受診がいいでしょう。
美容皮膚科へ興味を持った方も多いとは思いますが、金額面でいっても皮膚科が一番リーズナブルなのは明らかです。

あとはどこの皮膚科へ行くか、どんなドクターにかかるか、がポイントになってきます。

皮膚科での首イボ治療の流れ

まずは、皮膚科に行くとカウンセリングや診察を受けることになります。
一般的な皮膚科では、首イボを取る「診療行為」自体に重きがおかれます

そして美容皮膚科であれば、仕上がりや跡に残るかなどの「美容的」な側面からも相談することが可能になります。

お肌のハリ

でも普通の皮膚科であっても、親身になって話を聞いてくれるドクターはいらっしゃいます。
機械的に首イボを取るのではなく、その後の心配や治療において気になる点をしっかりと話せるドクターを見つけたいものですね。

皮膚科での首イボ切除方法

皮膚科での首イボ治療方法は、3種類に分類されます。

1.液体窒素

以前は麻酔を使用せずに行われていた液体窒素での首イボ治療も、最近では局所麻酔を使用する皮膚科が増えてきています
液体窒素で首イボを焼き切る方法で、実際にはイボを凍らせて火傷の状態にして除去しています。

火傷の状態から徐々にかさぶたになったところで再度液体窒素治療をする、などして何度かに分けて治療することが多いようです。
まれに跡が残ってしまうこともあるようです。

2.レーザー治療

レーザー治療は、医療用のレーザーで首イボを焼き切る方法です。
首イボのレーザー治療は1回で済むことがほとんどで、出血も少なく除去することが可能です。

炭酸ガスレーザー

出典:市川リオ皮膚科

皮膚科によっては使用しているレーザーの種類も異なるため、しっかりと事前にメリットデメリットを確認しておくようにしましょう。

3.ハサミでの切除

医師の手により、医療用のハサミで首イボを切除する、という方法です。
首イボの中でも、直径は小さく長さがあるものなどは、痛みもなく出血もほとんどなく、切除することができます。
レーザーが人気の今でも、首イボはハサミで切除をすすめる皮膚科は多くあります

首イボの治療方法はどれがいい?

皮膚科へ通ったとしても少なくとも3種の方法が提示される首のイボ
一番効果のある治療方法はどれなのでしょうか?

これは治療を受ける本人の考え方で、答えも変わってきます

ただ首イボが取れればいい

首イボが煩わしく、多少の跡が残っても気にしない、とにかく取れればいい。
そう考えているのならハサミで除去してもらうのがおすすめです。

眼科剪刀

出典:荒川製作所

なにより短時間ですむこと、低料金で治療が受けられることがポイントです。

何度も通院したくない

首イボは綺麗にしたいけど、何回も通院するのはイヤ。
そう考えているのなら、レーザー治療がおすすめです。

1個の首イボに1回のレーザー治療で、効果がでるため何度も通う必要がありません。
金額面では皮膚科やクリニックによって異なるため、事前に確認しておきましょう。

金額面に重きをおきたい

首イボが沢山あって、金額面が心配なら液体窒素がおすすめです。
液体窒素での治療は保険適用のところが多く、イボ1個当たりという計算ではないため、イボの数が多くても料金が高くなることはほとんどないそうです。

何科かも、治療法も本人の考え方次第

皮膚科での首イボ治療が見えてきましたか?
それぞれの治療方法にはメリットもデメリットもあります。

自分でどの治療が受けたいか定まったら、通う皮膚科やクリニック選びに入りましょう。

カウンセリングを受けている時点でも、ドクターやスタッフとの信頼関係やその皮膚科やクリニックの方向性は見えてくるものです。

 

私個人的には一般的な意見として、皮膚科をおすすめしてきましたが「高額になってもとにかくきれいにしてほしい」という美意識の高い人には、やはり美容皮膚科がおすすめです。

皮膚科なのか美容皮膚科なのか、自分に合うのはどちらか見極めて判断しましょう。
首イボ治療は、個々の患者さん自身の考え方で最もその人に適した治療法も治療を受ける「」も変わってくるのです。

皮膚科で治療すれば首イボは完全に治るのか

最後に、皮膚科や美容皮膚科で首イボ治療を受ければ、もう二度と首イボに悩まされないのか?という疑問についておこたえします。

答えはNO

もちろん、しっかりと治療を受けたことによって完全に首のイボがなくなり、その後再発しないですんでいる人も多くいます。
ですが、ほとんどの人はしばらくたつと再度首イボに悩まされることに。

保湿

つまり首イボ治療に現時点で100%は存在しないのです。

首イボは根こそぎ治すことが難しいものなのです。

首イボができたら、ケアは続けるしかない

首イボは、一度できてしまったらずっとケアしていく必要があります
自宅でも、しっかりと首の保湿ケアを行い、紫外線対策も忘れないようにしましょう

そしてイボは小さな傷からどんどん増えていくこともあります。
首を爪でひっかいてしまうと命取りに。

首のスキンケアには以下のイボ専用化粧品がおすすめです。
ずっと継続することが必要なので、保湿効果が高くイボに効果的、かつコストパフォーマンスが高い商品を紹介しています。

艶つや習慣

オールインワンジェルだから、毎日のスキンケアとポツポツ角質ケアが一緒にできるのでめんどくさがり屋さんにもおすすめ!

⇒ 詳細はこちら

シルキースワン

ハトムギ種子エキスとヨクイニンエキスのダブルヨクイニンパワーの首、顔、デコルテなどにできるイボやポツポツ対策用の美容ジェルクリームです。

⇒ 詳細はこちら

杏ジェル

97.7%自然原料を使用した
やさしいジェルです。目元・口元・首まわりのポツポツだけでなく古い角質によるくすみやザラザラ肌、小鼻の黒い毛穴汚れ、かかとのガサガサなどにもOK。

⇒ 詳細はこちら

アンミオイル

首元・目元にできるポツポツを取る商品として楽天・ヤフーでも№1商品!しかも低価格なのも嬉しいですね!お試し商品があるのもポイントです!

⇒ 詳細はこちら