イボ除去方法まとめ~皮膚科・市販薬・クリームでの自宅ケア


一度できてしまうと長い付き合いになってしまうイボ
顔、首、手足、とできる部位も様々ですが、目に見えてしまうものなのでできている本人には深刻なものですよね。

当サイトでは顔イボ、首イボに重きを置いてイボについてまとめていますが、今回は「良性」と言われる一般的に除去できるイボ、出来ないイボについて、皮膚科・市販薬・クリームでの自宅ケアに分類し、「イボの除去方法」をまとめます

自分で間違えた除去方法をすすめてしまわないように、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

 

 

艶つや習慣 ~50代向けクリエイティブ

イボ除去方法1:皮膚科

皮膚科でのイボ除去は、そのイボの種類によって方法も異なってきます

 

尋常性疣贅(ウイルス性イボ)

ヒトパピローマウイルスの感染や増殖が原因でできるイボ。
スポーツジム、サウナ、プールなどの足拭きマットからでも伝染するといわれています。

出典:http://www.hoshinohara-clinic.com/

 

目に見えない程度の皮膚にできた小さな傷からウイルスが入り込むことでイボができ、大きくなっていきます

このイボは放置すると増殖し、イボも大きくなりやすいので治療は早めが肝心です。

 

尋常性疣贅(ウイルス性いぼ)の除去方法

イボ除去方法でも知られている液体窒素が除去に使用されます。
マイナス200度の液体窒素のスプレーをイボに吹きかけ、ウイルスに侵された細胞を破壊します。

綿球法

出典:https://www.dermatol.or.jp/

2週間に1回程度の間隔をあけ、多いと十数回の除去治療が必要となってしまいます。
液体窒素は手軽で普及している除去方法ですが、痛みを伴い治療後も治りにくい特徴があります。

 

青年性扁平疣贅(ウイルス性イボ)

このイボもウイルス性で、隆起は少なくなめらかな表面なのが特徴です。
イボの色は褐色、手の甲や顔にできることが多く、シミと勘違いしてしまうことも多いイボです。

青年性扁平疣贅

出典:http://shibuya-skin.com/

自分自身で感染を繰り返しやすく、線のように連なってできることもあります。

 

青年性扁平疣贅(ウイルス性イボ)の除去方法

青年性扁平疣贅(ウイルス性イボ)に液体窒素での除去治療は向いていません
ヨクイニンの内服が主な除去治療方法となります。

 

伝染性軟属腫(水イボ)

一般的に水イボと呼ばれるこのイボは、子供に多くみられます。
このイボは他のイボに比べてもうつりやすく、強いかゆみを伴うのが特徴です。

イボをかいてつぶしてしまうと、周りにもどんどん広がってしまうので注意しましょう。
時間の経過とともに放置していても治ることもあります

 

伝染性軟属腫(水イボ)除去方法

イボをピンセットで取る除去治療が行われます。
小さなイボに関しては自然になくなることを期待し、あえて触らないことがあります。
ピンセットでつまむ治療には痛みが伴うため麻酔テープが使用されることもあります。

 

尖圭コンジローマ

肛門まわり、性器などにできる白っぽいものからピンク、褐色の柔らかいイボ
痛みやかゆみはないものの、炎症が起これば痛みもかゆみも起こることもあります。

このイボは性行為によって感染し、若い世代に多く見られるのが特徴です。

 

 

尖圭コンジローマの除去方法

液体窒素で除去するのが一般的ですが、最近では炭酸ガスレーザーで除去することもあります。

 

 

 

炭酸ガスレーザー

出典:http://www.rio-hifuka.com/

首イボ

首イボイコール、老化現象であるとは言い切れません。
体質的にできやすい人がおり、早い人では20代から首イボに悩む人もいます

加齢とともに首イボは増えやすいという特徴があります。

 

首イボ

出典:http://www.aoyoko-sc.jp/

首イボの除去方法

首イボ徐々に液体窒素を使用する皮膚科もありますが、色素沈着にもなりやすいので炭酸ガスレーザーがより適した除去方法といえます。

あまりに隆起が激しく、長い首イボの場合は場合によっては医療用のハサミで切除することもあります。

脂漏性角化症

脂漏性角化症とは老人性イボで、年齢を重ねるとともに足裏や手のひら以外の部位にできるイボです。

顔や頭部、胸、背中に多く見られがちで色は皮膚と同じ色のようなものから黒っぽいものまで幅広いのが特徴です。

脂漏性角化症

出典:http://www.hoshinohara-clinic.com/

またイボ表面はざらざらします。

 

脂漏性角化症の除去方法

首イボと同様に炭酸ガスレーザーが用いられることが多く、大きなものは局所麻酔が使用されます

 

イボ除去方法2:市販薬

イボコロリ

イボコロリ内服錠

イボ除去の市販薬といえばイボコロリ。
ですが実際には顔などには使用できず、除去できるのは手足、背中、脇などのイボにのみです。

イボコロリはかたくなった角質を柔らかくして取り除くことを目的とした市販薬で皮膚の薄い部位には使用が禁じられているのです。

また小さなお子様にも使用できません

 

紫雲膏

 

出典:https://item.rakuten.co.jp/

昔から皮膚の疾患に用いられてきた漢方薬のひとつで、抗炎症採用、抗菌作用、抗腫瘍作用を持つ市販薬です。

イボの原因の一つともいわれる乾燥を防ぐ保湿効果も高いので、イボ予防にも効果的です。
漢方薬なので効き目は緩やかですが、顔、首などの皮膚の薄い部位にも使用できます

 

ヨクイニンS「コタロー」

ヨクイニンS「コタロー」

出典:https://item.rakuten.co.jp/

イボにはヨクイニン、と古くから言われていますが、このコタローはイボ除去治療の処方薬も製造している小太郎漢方製薬の市販薬です。

市販薬の中でもヨクイニンの含有量が高いので、イボ徐々に効果が見られたという口コミも多い市販薬といえます。

 

イボ除去方法3:クリームでの自宅ケア

イボ専用のクリームで除去が見込めるイボは、首などにできるアクロコルドン・スキンタッグ・軟性線維種(なんせいせんいしゅ)などです。
いずれも老人性イボ(老人性疣贅)と呼ばれるイボでウイルス性でないのが特徴です。

反対に、扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)・糸状疣贅(しじょうゆうぜい)などの短い期間で広がってしまうイボにはクリームでのイボ除去は困難です。

 

そして、イボを除去するために使用するクリームは、イボに効果的とされる成分がきちんと配合されているものを選ばなければなりません。
またイボはとても多くの種類があり、同じようなイボでもその人それぞれ違うものであることも多いものです。

まだイボの全ては解明されていませんから、いくつかのイボ専用クリームを試してみなければ除去まで至らない、ということも覚えておきましょう。

 

艶つや習慣で首イボ除去できました。

口コミでも名高いイボ専用のジェルクリーム「艶つや習慣」。
私は長年悩んでいた首の多数のイボを自宅でのケアでどうにかできないものかと悩んでいました。

 

ですが、上にも書いたように自分のイボがウイルス性のものであれば、クリームでの除去は難しい・・・
それでもとにかく通院なしで首を綺麗にしたいという一心で、艶つや習慣を使い始めることにしました。

まずは艶つや習慣を使用し始める私の首をご覧ください。

首イボ

ひとつひとつのイボは小さいものの、無数に広がってしまいました。
茶色く見える点は全て首イボです。
とくに首の両サイドに分布していました。

艶つや習慣2

そしてひたすら朝晩塗り続け、4ヵ月ほどが経過・・・
これはもうダメかもしれない、そう思った矢先にいくつかのイボが乾燥して小さく縮こまりポロと取れ始めました!

そして半年後

首イボ完治

皮膚科などには一切行かずに艶つや習慣だけで首イボ除去をすることができました

※あくまで私の首のイボにとても相性がよく効果が出たのかもしれません。
イボ専用クリームについては後半でランキングも紹介していますが、それぞれの製品に「除去できた」「除去できない」と両方の口コミが混在しています。

イボはとても複雑なものなので、自分に合ったイボ専用クリームを見つけることも重要なのです。

 

なぜ艶つや習慣でイボが除去できたのか

艶つや習慣はなんといってもイボ除去を意識した成分がしっかり配合されているところがポイントです。
イボに効果のあるハトムギ、杏子エキス、でしっかりと硬くなったイボの角質を柔らかくしていきます。

ハトムギ

そして肌の正常なターンオーバーには欠かすことのできないプラセンタも配合
プラセンタは紫外線予防やメラニン生成の抑制効果もあるので、紫外線ダメージによるさらなるイボの増加も防ぐことができます。

イボの除去にはまず保湿が肝心
しっかりとイボに有効な成分と保湿成分を配合しているからこそ、艶つや習慣でイボ除去できたという声が多いのでしょう。

シワ改善や保湿効果が期待できるアロエベラも含まれているため、首のシワ、ヒアルロン酸・コラーゲンの増加にも期待が持てます。
ちなみに艶つや習慣の綺麗なオレンジ色は天然のもの

艶つや習慣

 

クチナシや鮭で有名なアスタキサンチンによる色なんだそう。
クチナシには、抗炎症作用や保湿作用があり、アスタキサンチンには高い抗酸化作用があります

つまり艶つや習慣はイボ除去にむけ、イボへ直接アプローチ→保湿→シワ・乾燥対策→紫外線対策→美肌・エイジングケアが1個でできる優れものなのです。

せっかく首のイボが除去しきれたので、今では外出時に首元をガードするようにしています。
カジュアルなときならこんな風にスカーフを巻くことも。

 

 

Tシャツは思うよりも首元があいており、紫外線ダメージを受けやすくなります。
イボに紫外線は絶対NG!

というよりもお肌にとっては紫外線はガードしておいたほうがよいのです。
シミやシワの予防にもつながります。

そして首のイボがなくなっても、私はまだまだ艶つや習慣を使い続けています。

首はいつでもしっとり。
ずっとケアし続けることでイボの再発も抑制できる、と実感しています。

 

絶対に避けておきたいイボの除去方法

皮膚科も市販薬も、クリームでのケアも煩わしい・・・
いっそ自分で除去してしまおう!

そう思い立ってしまう人も少なくはありません。

でも絶対に以下のような自己流なイボ除去方法は避けておくようにしましょう。

 

1:ハサミで切る

皮膚科でもハサミで切ることもあるんだから、と自分でハサミでイボを除去しようとする人がいます。
これはとても恐ろしい行為。

ハサミ

そもそも医師がイボの除去に使用するハサミは医療用の先の細く、刃のとても薄いもの。
自宅にあるようなハサミ、または爪切りなどで安易にイボを除去しようとすることは危険です。

ハサミでイボを切り取った後には、当然傷ができます
問題なのはそこから雑菌などが侵入し、感染を起こしてしまうこと。

そして、イボを必要以上に切ってしまうと出血も多くなり、化膿してしまうこともあります。

皮膚科などで使用されるハサミは医療用、そして医師も当然手袋をし、きちんと消毒された環境下でイボ除去が行われています

自宅で安易にイボをハサミで切るのはリスクがとても高いので絶対にしないことをおすすめします!

 

2:ドライアイス

液体窒素で焼き切るのなら、ドライアイスでイボ除去できるのでは?
そう思う人も少なくないと聞いています。

ちなみに液体窒素の温度は-200℃近く、ドライアイスは-80℃くらいなので、ドライアイスはだいぶ「温度が高い」ことになります。

ドライアイス

イボのみにドライアイスを充てるというのは難しく、体験者のほとんどはまわりの健康な皮膚も火傷させてしまっている様子。
中にはキレイにイボ除去できたという口コミも見受けられますが、これも非常に危険な行為。

荒療治はイボを増やす原因にもなるので、自己流の除去方法は絶対にやめておいた方がいいです。

 

3:線香

しつこいウイルス性のイボが足の指や裏にできて、線香で焼き切る人もいるそうです。

線香

 

線香は先も細いのでイボにのみダメージを加えるのには適しているかもしれませんが、これもおすすめしません。
何よりとてつもなく痛く、自ら皮膚を火傷させるわけですから、普通の人はなかなかチャレンジできない除去方法だとも思います。

 

イボの除去方法まとめ

いかがですか?
イボは皮膚疾患のひとつ

見た目に「イボ」と自己判断しても、実はウイルスを持ったイボであれば大増殖を招くことにもなりかねません
イボの診断というのは医師でも難しいことがあるほどなんです。

皮膚科

私にできていたような首にできる小さなイボや顔にできる小さなイボ、これらであれば自宅でイボ専用の化粧品やクリームで治ることもあります。
いくつか試しに使用してみるとよいと思います。

 

しかし、立体的で隆起が大きいイボを除去するためには、皮膚科医の診断、そして適切な治療が必要になるのが事実です。
通院は時間やお金もかかるものですが、綺麗にイボを除去したいと考えるのなら避けては通れない道であると思います。

とにかく決して自分で傷をつけたり刃物などで触ることは避けておくようにしてください。
広範囲にイボが広がってしまっては、元も子もありません

 

自然治癒

 

イボには自分でクリームなどで除去し、治せるものと皮膚科で除去治療を受けなければならないイボが明らかにあるのです。
間違えたケア方法は逆にイボを増やすことになるので、大き目のイボができたらすぐ皮膚科を受診しておくほうが無難です。

自分のイボがどの種類かはなかなか判断がつかないので、イボができたら一度とりあえず受診してもらい、自分でケアできるイボなのか知ることも、早くイボを除去する近道になると思います。

艶つや習慣

オールインワンジェルだから、毎日のスキンケアとポツポツ角質ケアが一緒にできるのでめんどくさがり屋さんにもおすすめ!

⇒ 詳細はこちら

シルキースワン

ハトムギ種子エキスとヨクイニンエキスのダブルヨクイニンパワーの首、顔、デコルテなどにできるイボやポツポツ対策用の美容ジェルクリームです。

⇒ 詳細はこちら

杏ジェル

97.7%自然原料を使用した
やさしいジェルです。目元・口元・首まわりのポツポツだけでなく古い角質によるくすみやザラザラ肌、小鼻の黒い毛穴汚れ、かかとのガサガサなどにもOK。

⇒ 詳細はこちら

アンミオイル

首元・目元にできるポツポツを取る商品として楽天・ヤフーでも№1商品!しかも低価格なのも嬉しいですね!お試し商品があるのもポイントです!

⇒ 詳細はこちら